1月も後半を迎えて、見学会のお問い合わせが増えてきました。
たくさんのお問い合わせありがとうございます。

しかし、次回の見学会は2月中頃…少し期間が開いているのが現状です…
それでも安心してください。ご要望ございましたら別日でも開催いたします!

この時期になってくると進路決定を先延ばしにするスケジュールは不安ですよね。
ご相談に応じて開催できるよう努めますので、是非お気軽にご連絡ください。

新型コロナ発生から1年が過ぎようとしていますね。武田です。

Pythonでもグラフ表示が簡単にできます。
今回はmatplotlibというグラフ表示が簡単にできるモジュールを紹介します。

上に表示されている棒グラフもこのモジュールを使って描きました。
ここ1週間の茨城県での新型コロナウイルス感染者数のグラフです。

データは茨城県の公式ページにあるこちらを参考にさせて頂きました。

matplotlibはPythonを標準インストールした状態では使えませんので、以下のようにコマンドラインからpipを使ってインストールします。

pip install matplotlib

プログラム matplotlib_covid19.py

# matplotlibライブラリを使ってグラフを作成する

import matplotlib as mpl
import matplotlib.pyplot as plt

mpl.use("Agg")

# x軸とy軸のデータ
x = ["1/8", "1/9", "1/10", "1/11", "1/12", "1/13", "1/14"]
y = [127, 109, 84, 67, 70, 77, 104]

# グラフタイトル
plt.title("COVID-19@Ibaraki")

# y軸の表示範囲
plt.ylim(0, 150)

# グラフを描画
plt.bar(x, y, color="green")

# 描画したグラフを画像に保存
plt.savefig("mapplot_graph_sample.png")

もちろんmatplotlibは、棒グラフ以外も描画できます。19行目のplt.barの部分をplt.plotとすれば折れ線グラフになります。

できればこのグラフが0に近づいていくことを願います!

参考URL

https://www.pref.ibaraki.jp/1saigai/2019-ncov/ichiran.html

https://techacademy.jp/magazine/19316

https://obgynai.com/matplotlib/

https://qiita.com/kakiuchis/items/798c00f54c9151ab2e8b

2020年も残すところ、あとわずかとなりました。
1年がたつのは、本当にあっという間ですね。

今年は新型コロナウィルスの影響でイベントを行うことができず、生徒の皆さんには寂しい思いをさせてしまいました。
一日でも早く、元の生活に戻れるよう願うばかりです。

新年には、また元気な皆さんとお会いできることを楽しみにしております。
それでは、よいお年をお過ごしください♪

【年末年始のお知らせ】
12月29日(火)~ 1月4日(月)まで休校させて頂きます。

海老澤

本日は終了式でした。
検定試験に合格し、1年生が多くの表彰を受けました。
20201222終了式
とてもいい笑顔ですね。みんな短い期間で成果を出してくれました。

下校時には、
「今年はお世話になりました。来年もよろしくお願いします。よいお年を!」
と元気な挨拶で締めくくってくれる学生もおりました。

来年も多くの検定試験に合格し、勉強の成果が実感できるように努めますので、こちらこそよろしくお願いいたします。

冬将軍が来ましたね。武田です。

ところでわたしの車はマニュアル車です。
ギアチェンジとクラッチで車を走らせる面倒くさいタイプの車です。
マニュアルと言えばもう一つ手引書という意味もありますね。今回はこちらのマニュアルの話です。

プログラミングの入門編を終えた方は、できればそれぞれのプログラミング言語にある公式マニュアルを読むことをおすすめします。なぜならある意味原本だからです。現代ならプログラミング関係のマニュアルは全てホームページで読むことが出来ます。
例えば以下はPythonの公式ドキュメントの一部です。

非常に分かりずらいです(笑)

でもスクロールすると使用例などもかいてあるので真似てやってみると少しずつ理解できていきます。(ちなみに以下のurlopen関数はサイトのHTML情報を取ってくる関数です)

最初から公式ドキュメントを見てプログラミングするというのは敷居が高いと思います。

そこで次のような調べ方をおススメします。

  1. 最初は検索して分かりやすそうなサイトを見て大まかに理解する
  2. 調べた中に登場した関数などを公式マニュアルで調べてみる

公式マニュアルで調べるメリットはあります。
例えば調べたサイトでは説明のなかった部分も知ることが出来たり、類似する他の関数やメソッドなどもついでに知ることが出来たり深く知る事が出来る点がメリットです。
初心者を脱する近道は面倒な事をすることだと思います。

令和2年12月13日にひたちなか情報電子専門学院2年生による卒業制作発表会が行われました。

今年度は、新型コロナウイルスの影響を大きく受け、授業時間が減る、放課後残って制作ができないなど、多くの制限を受けた中での作品作りでした。

また、発表の練習も同様で、十分な練習時間を確保することができませんでした。

そのような中、無事発表会を終えることができたのは、2年生の皆さんが頑張った成果だと思います。

お疲れ様でした。

 

12月13日(日)に2年生の一大イベント

卒業制作発表会

があります。
今年の4月から作成してきた作品を発表するため、スライドや原稿を作成しました。
現在、発表練習をしつつ、スライド・原稿を修正しています。
まだまだ原稿が暗記できずにいる2年生もいますが、当日までに頑張って覚えてね!
保護者の方も見に来られるので、我々も緊張しています。
発表までの時間、みっちりと練習をして悔いのない発表会にしていきましょう。

海老澤

新型コロナウイルスの感染者数がものすごい伸びで増加しておりますね…
本当に早く終息して安心して暮らせる日々に戻ってほしいです。

今朝も学院長含め先生たち全員で教室やバスの消毒作業を行いました。
空気清浄機もフル稼働してできる限りの予防に努めております。

当学院では本日から期末テストが実施されます。
生徒のみなさんが好成績を残してくれることを願います。
私の授業科目は1年生も2年生もがっつりと試験対策を行いましたので、きっと高得点がとれるはず!
他の科目も頑張ってください!みなさん期待してますよ。

師走になりつつありますね、武田です。
最近、1年生の授業「プログラミング」の中で1本の動画を紹介しました。

タイトルは、「プログラミングにはやってはいけない勉強法がある!?」というものです。
プログラミングを学ぶにあたって非常に的を得た事を話している動画でしたので、このブログでも紹介したいと思います。

わたしもプログラミングに対しては、この方とほぼ同意見です。(わたしも同じような話を学生にしたことがありますが、やはりユーチューバーの方は説得力がありますね。話す口調やテンポなど別の意味で参考になりました)

・プログラミングは覚えるものではない
・インプットしたらすぐにアウトプットする(コードを憶えたらすぐに使ってみる)
・自分が使うものをまず作ってみる

などはわたしも常々感じています。
プログラミング言語もただの道具に過ぎません。それを使って何を成すか(成せるか)が大事です。
習ったことはすぐに使うと面白くなってきます。