新型コロナ発生から1年が過ぎようとしていますね。武田です。

Pythonでもグラフ表示が簡単にできます。
今回はmatplotlibというグラフ表示が簡単にできるモジュールを紹介します。

上に表示されている棒グラフもこのモジュールを使って描きました。
ここ1週間の茨城県での新型コロナウイルス感染者数のグラフです。

データは茨城県の公式ページにあるこちらを参考にさせて頂きました。

matplotlibはPythonを標準インストールした状態では使えませんので、以下のようにコマンドラインからpipを使ってインストールします。

pip install matplotlib

プログラム matplotlib_covid19.py

# matplotlibライブラリを使ってグラフを作成する

import matplotlib as mpl
import matplotlib.pyplot as plt

mpl.use("Agg")

# x軸とy軸のデータ
x = ["1/8", "1/9", "1/10", "1/11", "1/12", "1/13", "1/14"]
y = [127, 109, 84, 67, 70, 77, 104]

# グラフタイトル
plt.title("COVID-19@Ibaraki")

# y軸の表示範囲
plt.ylim(0, 150)

# グラフを描画
plt.bar(x, y, color="green")

# 描画したグラフを画像に保存
plt.savefig("mapplot_graph_sample.png")

もちろんmatplotlibは、棒グラフ以外も描画できます。19行目のplt.barの部分をplt.plotとすれば折れ線グラフになります。

できればこのグラフが0に近づいていくことを願います!

参考URL

https://www.pref.ibaraki.jp/1saigai/2019-ncov/ichiran.html

https://techacademy.jp/magazine/19316

https://obgynai.com/matplotlib/

https://qiita.com/kakiuchis/items/798c00f54c9151ab2e8b

冬将軍が来ましたね。武田です。

ところでわたしの車はマニュアル車です。
ギアチェンジとクラッチで車を走らせる面倒くさいタイプの車です。
マニュアルと言えばもう一つ手引書という意味もありますね。今回はこちらのマニュアルの話です。

プログラミングの入門編を終えた方は、できればそれぞれのプログラミング言語にある公式マニュアルを読むことをおすすめします。なぜならある意味原本だからです。現代ならプログラミング関係のマニュアルは全てホームページで読むことが出来ます。
例えば以下はPythonの公式ドキュメントの一部です。

非常に分かりずらいです(笑)

でもスクロールすると使用例などもかいてあるので真似てやってみると少しずつ理解できていきます。(ちなみに以下のurlopen関数はサイトのHTML情報を取ってくる関数です)

最初から公式ドキュメントを見てプログラミングするというのは敷居が高いと思います。

そこで次のような調べ方をおススメします。

  1. 最初は検索して分かりやすそうなサイトを見て大まかに理解する
  2. 調べた中に登場した関数などを公式マニュアルで調べてみる

公式マニュアルで調べるメリットはあります。
例えば調べたサイトでは説明のなかった部分も知ることが出来たり、類似する他の関数やメソッドなどもついでに知ることが出来たり深く知る事が出来る点がメリットです。
初心者を脱する近道は面倒な事をすることだと思います。

師走になりつつありますね、武田です。
最近、1年生の授業「プログラミング」の中で1本の動画を紹介しました。

タイトルは、「プログラミングにはやってはいけない勉強法がある!?」というものです。
プログラミングを学ぶにあたって非常に的を得た事を話している動画でしたので、このブログでも紹介したいと思います。

わたしもプログラミングに対しては、この方とほぼ同意見です。(わたしも同じような話を学生にしたことがありますが、やはりユーチューバーの方は説得力がありますね。話す口調やテンポなど別の意味で参考になりました)

・プログラミングは覚えるものではない
・インプットしたらすぐにアウトプットする(コードを憶えたらすぐに使ってみる)
・自分が使うものをまず作ってみる

などはわたしも常々感じています。
プログラミング言語もただの道具に過ぎません。それを使って何を成すか(成せるか)が大事です。
習ったことはすぐに使うと面白くなってきます。

プログラミングの秋ですね、武田です。
今回は文章では説明しづらいゲーム開発環境のUnityについてです。

Unityでゲームを作りたい人は「とりあえず3Dの美少女キャラを動かしたい」(美少女は余計ですか?!)だと思いますので、わたしがこれまでUnityで試した中で一番手っ取り早く3Dキャラクタを動かす方法について動画にしてみました。

詳しい手順は動画の説明文に書いてありますが、無料アセットのStandard Assetsを使う方法が一番楽です。Standard AssetsにはThirdPersonというキャラ(名前はEthanらしい)付属しているのですが、これをシーンにドラッグ&ドロップさせるとすぐに動かせます。ただこのEthan、色がグレーだし、華がないので、これまた無料のUnityChan!アセットを使って女の子キャラに変更します。

中身は男性のEthanだけれども、外見はユニティちゃんという感じです。(ということは中性かも)

4分30秒ほどの作業動画ですが、ユニティちゃんがフィールド上を自由に動き回れるようにする手順となっています。
キャラを動かしただけで満足せず、何か作ってみると面白くなりますよ!

こんにちは、武田です。
プログラミングやITについて学ぶなら当学院へ!と言いたいところですが、最近はネット上の学習サイトや動画も増えてきました。これらはほとんど無料です。しかも充実しています!(宣伝しているわけではありませんが、良いものなので紹介したいと思います)

paiza.IOは、古くからある日本語のプログラミング学習サイトです。

https://paiza.io/ja

アクセスすると「コード作成を試してみる(無料)」というボタンがあるのでクリックします。

クリックするとこんな感じ。コードエディタがすでに起動しているので、このままプログラミングが可能となっています。
左上にプログラミング言語選択ボタンがあるのでクリックしてみます。

なんとこんなに沢山のプログラミング言語が選択できます!

とりあえずC言語を選択。おきまりの「Hello, world!」を出力してみます。
コード入力ボックスの下の実行ボタンを押せば、下のコンソールに実行結果が出力されます。

わざとセミコロンを取ってエラーが起きるか試してみました。
ちゃんと4行目でエラーのメッセージが表示されています。

少し複雑なプログラムをコピー貼り付けしてみました。
ありゃりゃ?ヘッダーファイルの「conio.h」はインクルードできないようです。
完璧ではないようですね。


キーボード入力を伴うプログラム
も実行させてみました。
動作しますが、注意が必要です。「入力」というタブに事前にキーボード入力するデータを入れておく必要があります。

プログラミング言語をブラウザ上で実行できるだけでも凄いですが、paiza.IOには無料で受講できる講座(アカウント登録が必要)も充実しています。

講座は一部有料もありますが、初心者なら無料の講座だけでも十分です。(もう学校はいらないんじゃないだろうか?)

以上、ブラウザでプログラミング言語が実行できるサイトpaiza.IOの紹介でした。

武田です。
夏休みも終わるころに言うのも気が引けるのですが…

夏休みは動画学習にちょうどいい時期です!(部屋にクーラーがあるなら)

今の時代、ネットを使えば自宅にいながら学べる時代です。
わたしが最近チェックしたゲーム制作などを学べるサイトをご紹介します。

ある意味大手なのですが、UnityUnreal Engineのサイトです。
UnityとUnreal Engineについて簡単に説明すると…

Unity
ゲーム開発環境。スマホゲームの5割はUnityで作られているといわれている。
3Dゲーム・2Dゲームどちらも開発可能。一世を風靡した「Pokémon GO」の開発で有名。
ゲーム開発環境ソフトでは世界No1。
Unreal Engine
ゲーム開発環境。「鉄拳7」に代表される現実に迫るグラフィックの描写に定評がある。
最近話題の「フォートナイト」もUnreal Engine製。

一説によると、Unityはスマホよりで、Unreal Engineは超美麗なグラフィックを生かせる環境が必要なため、ハイエンドゲーム向けが得意との事。もちろんUnityでも十分グラフィックは綺麗ですが。

で、冒頭の動画学習に戻りますが、Unity、Unreal Engineとも学習サイトが用意されています。
どちらも無料で最新ゲーム開発環境を使ったゲーム制作が学べます。

まずはUnity

Unity Learn

ご覧の通り英語です。とっつきにくいですねぇ。

流れとしては、こんな感じで文章説明があって、

途中に動画が挿入されている感じ。(こちらも英語)

英語アレルギーの方にはつらいかもしれません。

お次はUnreal Engine

URLは、https://learn.unrealengine.com/home/dashboardとなりますが、こちらはアカウント登録しないとみることが出来ませんので、イメージのみで失礼します。

トップ画面。
Unityと比べると日本語で表示される点に安心感があります。

こんな感じでUnityユーザからの取り込みを意識した学習動画もありました。

動画での解説がほとんど。
音声は英語なのですが、字幕が日本語でこちらもUnityと比べると親切です。

いかがでしたか?

最新のゲーム開発を自宅にいながら無料で学べる時代です。(やる気さえあればですが)
まあ、ともかくわたしの子供の頃より学習環境は格段に良くなっていると思います。

余談

ところで今回UnityUnreal Engineを調べていて分かったのですが、最近Appleストアから削除された「フォートナイト」は、Unreal Engineで制作されたもので、なおかつUnreal Engineを作っている会社と「フォートナイト」を作っている会社は同じEpic Gamesであるという事実です。

更に調べるとEpic Gamesはゲームも作り、ゲーム開発環境もつくり、Steamのようなゲーム販売のプラットフォームも持っていたのでした。Epic GamesはAppleに喧嘩を売れる大企業だったんだな、と感じました。

最近、めっきり寒くなりましたね。武田です。

今年は某ウイルスの影響で新入生と2年生との交流がもてなかったこともあり、2年生が主導して夏休み前にオンラインクイズ大会を開催しました。

オンラインといってもチーム毎に教室を分けてZOOMを使ってのクイズ大会です。

幹事は、別室にて出題を行います。パソコンが2台ありなんか凄そう!

クイズは2部構成。最初はオーソドックスなクイズ。
チーム毎に答えをネット上から幹事に送信します。(みんな真剣です!)

こちらも。

クイズにつづいてジェスチャー大会です。
チームリーダーがジェスチャー役となり、何を表現しているか当てます。
わかるかな?

これは分かりやすい。

ジェスチャーって椅子使ってもいいんでしたっけ?

当てる方も悩みます。

以外に盛り上がったオンラインクイズ大会。
最後は表彰です。

優勝したCチーム。クイズ、ジェスチャーともチームワークが光りました!
おめでとうございます!

2年生幹事の皆さんも大変お疲れさまでした!

以上、第1回オンラインクイズ大会でした。

6月18日(木)より通常授業に戻りました。
当学院生もリズムがとれない中よく頑張っています。武田です。

今年わたしの担当はC言語からPythonに変わりました。
C言語も最初に学ぶプログラミング言語としてはいい言語だと思っています。理由は他のプログラミング言語の文法に大きく影響を与えているので、別の言語を勉強した際、割とすんなりとは入れるからです。ただしコンパイルが必要だったりコード量が新しい言語より長くなりがちなので、初心者は辛いかもしれません。

Pythonはその点では、初心者にやさしいかもしれません。
記述はC言語より少なくて済みますし、サードパーティ製のライブラリをインストールすると色々と面白いことが簡単に出来るイメージがあります。QRコードを作る、画像処理をする、人工知能を扱う…等。

C言語ではできなかったことに今年はPythonの授業で挑戦してみようかと思っています。

Pythonコード例(QRコードを作る)

# -*- coding: utf-8 -*-
import qrcode
file_name = "qr_code.png"
qr_string = "そのやり方は、色々ある"
img = qrcode.make(qr_string)
img.save(file_name)
print("QRコード画像を保存しました")

武田です。今日も肌寒いですね。
ひたちなか情報電子専門学院も来週(5/25)から時間短縮ではありますが、学生は登校開始となります。

話は変わりますが、サーバなどに利用されているLinuxのコマンドWindowsのコマンドプロンプトの命令は似ているものや同じ名称のものまであるので、時々混乱します。
私が間違えるものを表にしてみるとある点に気づきました。

Windowsコマンド Linuxコマンド 意味
cd cd ディレクトリ移動
dir ls ディレクトリ情報表示
del rm ファイルの削除
copy cp ファイルのコピー
rename mv ファイルやフォルダの名前変更/移動
type cat ファイル表示
help man コマンドの使い方表示

とくにファイルの削除、コピー、名前変更のコマンドはよく間違えます。
で、気づいた点は、Linuxコマンドの方が命令の文字数が少ないことです。2文字のシンプルなものが多いかな、というのが印象です。

これからはLinuxコマンドで迷ったら短い方と思い出します。

p5.jsでお絵描きのイメージ画像

こんにちは。武田です。
5月6日まで当学院は休校となっています。
現在、当学院の職員は交代制で出勤しています。

しかし来客はほとんどありませんね。配達の方が時々来る感じです。
就職関係での電話は今日2件ほどありました。企業も学生の求人にはかなり神経質になっているようです。

そうそう、午後に1名登校日を間違えた学生が来ました!
元気そうで良かったです。何はともあれ、健康が一番です。
今年はインフルエンザにかかる学生が当学院では0というのも特筆すべき事かもしれません。