昔からあるプログラミング言語でもその書き方は変化しています。
例えばJavaScriptという言語ではサイトが表示されたとき(要するに起動時)のイベント処理としてこんな風に書いていました。

window.onload = function(){
	console.log("起動したよ!");
	document.getElementById("message").innerHTML = "書き換えました";
};

window.onloadに関数の処理を代入するかたちの記述です。
最近はイベントリスナ登録というaddEventListenerを使ってこう書きます。

window.addEventListener("load", function(){
	console.log("起動したよ!");
	document.getElementById("message").innerHTML = "起動時のイベントで書き換えました";
});

日本語が変わっていくようにプログラミング言語も変化しています。
もちろん古い形式で書いても動きますが、わたしはなるべく新しい形式で書きます
なぜなら新しい形式はセキュリティ上強化されていたり、処理効率が高かったりとメリットの方が多いからです。(デメリットはたぶん古いコンピュータやソフトで動作しないということです)
日本語なら古い言い回しも趣があっていいですが、プログラミング言語の場合は、新しい形式を取り入れていくべきだと思います。コンピュータやインターネット技術がそもそも新しい技術の集大成だからです。

p5.jsでお絵描きのイメージ画像

こんにちは。武田です。
今日も寒い夏ですね。

JavaScriptのライブラリでp5.jsというものがあります。Processingという以前からあったグラフィックを簡単に描く環境をJavaScriptに移植した環境です。
とても簡単にcanvasを使ったプログラムが記述できるので少し使ってみました。

p5.jsでお絵描きをするサンプル

続きを読む

leftDays

こんにちは、寒くなって来ましたね。武田です。
学生たちは既に12月22日から冬休みに入りました。
ひたちなか情報電子専門学院の先生方も本日(12/28)で本年の業務終了となります。
色々とお疲れさまでした。

今年もあと何日かですね。
という事で今年最後はJavaScriptで今年の残り日数を表示するプログラムを作りました。

こちら

プログラム自体は、以下のサイトで詳しく解説しています。

今年の残り日数を表示する – 電脳産物

新年は、1月7日より業務開始となります。(学生は8日から始業です)
それでは、皆さん良いお年を!

武田です。
新入生の皆さん、入学おめでとうございます!(4/7はひたちなか情報電子専門学院の入学式でした)
今回もやはりプログラムを紹介します。
今書いているブログ記事もニュースですよね。誰も彼もニュースは好きです。そんなニュース記事を取得してくれるGoogle Feed APIというライブラリを紹介します。

イメージ
googleFeedAPI続きを読む