HTML5の機能で『ストップウォッチ』を作成した

HTML5の機能を使ってストップウォッチを作りました。
ローカルストレージ機能を使っているため、ブラウザ単位でデータが保存されます。
今年作ったものの中では一番まともと思われるプログラムです。
実際に自分でも授業や検定のときに使っています。
stopWatch
クリックで別ウインドウで開きます。
PC向けに作ったため、スマートフォンやタブレット向きに作り変えると使い勝手があがると思います。
〓武田〓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。