令和4年4月28日

4月28日

学院では1年生からビジネスマナーの授業があります。
初回の授業でビジネスシーンでのメモの必要性について学びました。
「メモもとり慣れていないととっさに使えないので、
学院生活でも練習してみるといいですね」と話をしました。
次の日のショートホームルームから
数名メモをしている姿が見受けられました。
提出物や今後の予定のメモを取っていたようです。

彼らがメモについて学んだのはビジネスマナーの授業中です。
彼らがメモをとっていたのは授業時間外です。
教員としては彼らの行動をとても嬉しく頼もしく感じました。
ビジネスマナーは何のために学んでいるのか。
授業で学んで良い成績を収めるためではないのです。
授業で学んだことを実生活で、社会人生活の中で、生かしてほしいのです。

素直に聞き入れ、行動にうつす力。
学んだことを日常生活に活かす力。

この力がある生徒はビジネスマナーの授業だけではなく
他の授業でも多くの知識をつけて卒業していくことでしょう。
同じ授業を受けていても大きな差になると思います。
多くの生徒がこれに気付いて
毎日の授業を受けてくれるといいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。