入学式後に撮影した新入生と2年生の集合写真です。
DSC05984_convert_20120417174131.jpg
先日4月10日,11日に入学式新入生研修が行われました。
新入生は、気さくな先生方、2年生のおかげで緊張することなく参加できたのではないでしょうか。
それでも正直、大変な2日間ではあったと思います。
大声を出し、機敏に動き、朝早くから2年生の指導によるラジオ体操と朝礼の練習。
全て、できるようになるまで繰り返し続けたので、実のある研修を行うことができました。
的確な指導で、協力してくださった2年生達ありがとうございました。
ヘトヘトになりがらも頑張って研修をやり遂げた新入生の皆さんお疲れ様でした。
今回の研修での成果を学院生活で見せてもらえるのを楽しみにしています。
そして、遅れてはしまいましたが、ご入学おめでとうございます。
2年間という短い期間ではありますが、当学院でたくさんのことを身につけてください。
これからよろしくお願いします。
〓枝松〓

春めいてきました。
武田です。
3月24日(土)に平成24年度ひたちなか情報電子専門学院の保護者と新入生を招いて、説明会が開催されました。
保護者の皆様にはお忙しいところ、またあいにくの雨の中、ご来院いただきましてありがとうございました。
少し緊張ぎみの新入生のみなさんでしたが、最後のM先生のお話では緊張もほぐれて元気な笑い声も聞こえました。
実は、当学院の先生方も当日の朝からそわそわしていました。みんな初めは一緒です。
当学院は、誤解を恐れずに言うと「へんな学校」です。
言い方を変えると「ユニークな教育」を実践する学校となります。

続きを読む

明日、3月2日は、ひたちなか情報電子専門学院第27回卒業式です。
皆さんは、この学院27回目の卒業生です。
27年前といえば1985年です。
まだ、みなさんも生まれていなかった時代です。
任天堂のファミコンがヒットした時代です。
今はファミコンでヒットしたゲームが携帯電話などに移植されて遊ぶことができます。
古くて良いものが新しい機械や媒体で使えるようになることが最近は多いですが、中身自体はかわっていないとも言えます。
ゲームにしろ本にしろ考え方にしろ、古いもののほうが優れているということは多々あります。
もちろん新しいものを選択することもできます。
日本は世界でもまれにみる「生き方を選択できる自由」があります。
生まれたときから、身分や職業が決まってしまう人も世界を見渡せば多いのです。
生き方を選択できる自由があるということは、素晴らしいことなのです。
「社会にでる」ということは、自分の生き方に責任を持つことでもあると思います。
みなさんには、自由を持っているかわりに、責任もあると思います。
持っている責任はひとりひとり違います。
ひとりひとりが、自分で考えていくことだと思います。
さいごに、緒方洪庵の言葉を送ります。

私利私欲に走りがちであるが、世のため人のために尽くすほうがその人の能力を発揮できるものである。
本来「やる気」とはそういうものだ。

ご卒業おめでとうございます。
〓武田〓

各位
明けまして、おめでとうございます。
お元気ですか?
今年は初めて舞台をワークプラザ勝田の大ホールに移し、卒業研究発表会を実施致します。
卒業生を問わず、ひたちなか情報電子専門学院生がどんなものをパソコンで作っているのか興味のある方はぜひお越しください。
出入りは自由です。
卒業研究発表会
1月29日(日)


時間は9:50~15:30まで自由に出入り可能です。
駐車場有。客席内での食事も可能です。
施設内にはレストランもあります。近くにはミニストップ有。
詳細はコチラ
今年は、スマホ向けのアプリやゲーム、動画と作品も時代に合わせ変わってきています。
ご都合がつきましたらぜひ気軽に見学に来てください。お待ちしています。
当日は勝田マラソンの日と重なってしまいまして、車でお越しの場合は国道6号から下田彦南交差点を入り、大島陸橋を通る道がベストかと思います。勝田マラソン出走されるかたはその足で立ち寄ってもらっても構いません。(笑)私武田は残念ながら今年は勝田マラソンに出ることが出来ません。
それでは、皆様にとって今年が良い年でありますように。
〓武田〓

今年も12月がやってきました。
個人的にも世の中の流れでも色々とありました。今年印象に残った言葉から。

「つらい状況にある人ほど、なかなかつらいとは言えないものだ。」/NHKラジオ東日本大震災での放送で

確かにそうかもしれません。

「世界ぜんたいが幸福にならないうちは、個人の幸福はあり得ない」/宮沢賢治

これは宮沢賢治の数ある名著の中で繰り返し言葉を替え、状況を替えて出てきている言葉です。宮沢賢治の本は今となっては古典と呼べるものになりつつありますが、大事にしたい言葉です。
「つらいときこそ。笑おうよ!」という言葉もありますが、無理に笑う必要はありません。
私はスーパーのカスミのチラシが好きでした。
新聞の折り込みに入ってくる特売のチラシなのですが、その中に「いきる いかされている…」といった名前のコーナーだったと思いますが、霞ヶ浦のあたりの寺の住職である玄侑宗久(げんゆう そうきゅう)さんが書かれている文章が必ず載っていました。
お寺での説法を文章化した内容だったと思います。いつもいい言葉が書いてあり、私はカスミの特売品をみるよりも玄侑さんの言葉を楽しみにしていました。良いなあ、と思ったものは切り取ってスクラップブックに貼っていました。
その中の言葉です。

「人生が終わるまで本番がこなかったら残念です。」/玄侑宗久

生きているうちに、霞ヶ浦のお寺に行ってみようかと思います。
〓武田〓

今作っているホームページの中でYouTube動画を埋め込んで再生させる部分があります。
こんな感じで…

YouTubeで取得できる埋め込みコードをそのまま使うと、初期状態が360dpiでの再生になってしまい、少しぼやけた感じの再生になっていたので、最初から綺麗な再生が出来ないかと思い調べてみると以下の方法が見つかりました。
ここに書いておきます。
まず、再生するYouTubeの動画ページに行き、動画の下にある「共有」ボタンをクリックします。
つぎに「埋め込みコード」ボタンをクリックします。
youtubecode
といった感じのページになります。
チェックボックスの2箇所にチェックを入れます。
1.HD再生する
2.以前の埋め込みコードを使用する
これで上のテキストボックスに埋め込みコードが表示されますが、これをこのままコピーして自分のページに貼り付けても最盛時にHDモードや720dpiのモードになりません。
コピーしたテキストボックス内のコードを少し編集する必要があります。
例えば、取得したコードが

<object width=”640″ height=”480″><param name=”movie” value=”http://www.youtube.com/v/EqSr5tXVfg4?version=3&hl=ja_JP&rel=0&hd=1″></param><param name=”allowFullScreen” value=”true”></param><param name=”allowscriptaccess” value=”always”></param><embed src=”http://www.youtube.com/v/EqSr5tXVfg4?version=3&hl=ja_JP&rel=0&hd=1″ type=”application/x-shockwave-flash” width=”640″ height=”480″ allowscriptaccess=”always” allowfullscreen=”true”></embed></object>

なるものだったとすると、コード内のURLのあとにきている?version=3の部分を削除してから貼り付ければOKです。
〓武田〓

今年も稲田自治会主催の「稲田夏祭り」に参加させて頂きます。
震災の影響で開催が危ぶまれましたが、無事実施となりました!
以下、実施予定です。
場所/ひたちなか情報電子専門学院
日程/8月20日(土) 14:00~18:30
実施項目
・輪投げ
・射的
・くじ引き
・ストラックアウト
・ヨーヨーすくい
・おばけ屋敷(初!)
・フリーマーケット(※)

※現在、フリーマーケット担当はM先生1人なので、手伝ってくれる方を募集してます!
よろしくお願いいたします。
〓武田〓

現在日時を表示jするプログラムです。
時間に関する構造体tm構造体を使っています。tm構造体は、time.hに宣言されています。
補足説明として、西暦年のtm_yearは、1900年を起点としての年数が戻り値になりますので、1900を足して使用します。
曜日をあらわすtm_wdayは戻り値0~6の数値が日曜日~土曜日に対応します。下のサンプルのように曜日を表す文字配列の添え字として使うといいでしょう。
経過日数のtm_ydayは1月1日を0日としてその年の経過日数を返します。
サマータイムフラグtm_isdstはサマータイムに対応している地域でサマータイム中であれば、1をそうでない場合は0を返します。
// xGetLocalTime.c 現在の日時を表示する
#include <stdio.h>
#include <time.h>
int main(void)
{
time_t timer;
struct tm *t;
int year, month, day, hour, minute, second, wday;
char weekday[][4] = {“Sun”, “Mon”, “Tue”, “Wed”, “Thr”, “Fri”, “Sat”};
/* 現在時刻を取得 */
time(&timer);
/* 現在時刻を構造体に変換 */
t = localtime(&timer);
/* tm構造体の全ての要素を表示してみる */
printf(“tm構造体\n--------------------—-\n”);
printf(“%5d /秒\n”,t->tm_sec);
printf(“%5d /分\n”,t->tm_min);
printf(“%5d /時\n”,t->tm_hour);
printf(“%5d /日\n”,t->tm_mday);
printf(“%5d /月\n”,t->tm_mon);
printf(“%5d /西暦年\n”,t->tm_year);
printf(“%5d /曜日\n”,t->tm_wday);
printf(“%5d /経過日数\n”,t->tm_yday);
printf(“%5d /サマータイムフラグ\n”,t->tm_isdst);
/* 現在日時を表示 */
year = t->tm_year + 1900;
month = t->tm_mon + 1;
day = t->tm_mday;
hour = t->tm_hour;
minute = t->tm_min;
second = t->tm_sec;
wday = t->tm_wday;
printf(“\n%04d-%02d-%02d(%s) at %2d:%2d:%2d”,
year, month, day, weekday[wday], hour, minute, second);
return 0;
}
【実行結果】
tm構造体
--------------------—-
   34 /秒
   50 /分
   15 /時
    1 /日
    5 /月
  111 /西暦年
    3 /曜日
  151 /経過日数
    0 /サマータイムフラグ

最近良く見ているサイトを2つ紹介します。
GIGAZINE(ギガジン)
http://gigazine.net/
私は同名の本を最初に買って読んでから、このサイトを見るようになりました。
基本方針は時系列に色々なニュースを取り上げることのようです。
時どき「コンビニの新商品を食べてみた!」とか「飲食店の新メニューを食べてみた!」的などうでもいいような記事が入ってくるのですが、そこがまたいい味だしてます。おススメです!

痛いニュース(ノ∀`)

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/
ライブドアのブログです。
2ちゃんねるてきに「痛いニュース」(いわゆる掲示板で盛り上がれそうなニュース)を取り上げています。
構成が上手です。
取り上げられた「痛いニュース」のあとすぐに続けてそのニュースに対する2ちゃんねるの書き込みが表示されていて、読んでいて自然に一人で盛り上がれます。実際、どのニュースも痛いです!
上のGIGAZINEの記事の写真などは、ニュースにあった写真をFlickr(米Yahoo!が運営する写真共有サービス)上からのリンクで表示している場合があるのですが、そういったホームページの作り方は参考になります。
私もFlickrは利用しています。iPhone4で撮った写真を簡単にFlickr上にアップできるアプリがあるので便利です。
〓武田〓

来年の1月31日に開催される勝田マラソンに、今年も参加しようと思います。
もう5回くらい走っていると思います。
私は10kmの部しか出場したことはありませんが…
ところで、私はマラソン大会の約3ヶ月前から走り始めます。
運動に限らず、何でも3ヶ月位続けると変化が表れてきますね。
たしか、人間の細胞も3ヶ月で新しいものと生まれ変わるとの事でした。
5回ほどマラソンに出場して分かったことは、私は毎日走る練習をしてはだめだと言うことです。
私の場合は、1週間に3回程度走ることが自分にとって丁度いいと分かりました。
あまり続けてしまうと筋肉の疲労がとれず、体を壊してしまいます。
筋肉は使い過ぎると痛くなりますが、これは筋肉が切れて、新しく丈夫な筋肉を作るためだそうです。
筋肉を作るためには睡眠や体を休めることも大事なことなのです。
私の場合は1週間に2~3回位走ることが丁度体のリズムに合っているようです。
一度、練習しすぎてしまい、マラソン大会当日まで疲れがとれず、本当に辛かったときがありました。
反省を踏まえての今です。
人生「太く、短く」とか「細く、長く」などと言いますが、私は自分に合った太さで長く行きたいと思います。
休みながらでも、続けていくことで、何事か成せるのではないでしょうか。
〓武田〓